AVtuberエロライフ
利用無料、報告不要(任意)、以下クレジット必須、本文転載NG。ご使用の際は必ず利用規約をご一読頂くようにお願いいたします。

『縁側にて』

種類:ASMR音声作品
対象:成人向け
人数:1人
作品時間:約10分
演者:妹
聴き手:お兄ちゃん
設定:兄の帰省、甘える妹
場面:AMからお昼前にかけて
場所:玄関から
指示↓
「■」は演技の指示
「@」は効果音の指示
「正面、右、左、上、下、やや」は向き
「遠く、中、近い、密着」は距離
指定は【向き:距離】表記


@ミーンミーンミンミンとセミの鳴き声
@砂利を踏んで歩く音。
@古めの引き戸をずらす。玄関を上げる。
■妹、兄の帰りを待ちわびて玄関で待機していた。
【正面:遠く】
「あっ…おかえり……お兄ちゃん。」
■予定よりも早く兄がついて意表を突かれて少し言葉に詰まる。
「早かったね…もう少し遅いかと思ってたんだけど……」
「外、暑かったでしょ? お兄ちゃんの部屋、昔のままだから上がって荷物おいてきたら?」
「リリ、居間にいるね。」
@妹小走りに去っていく。
@玄関を閉める音。
@セミの鳴き声止める。
@兄、廊下をゆっくり目で歩く音(帰省の疲れで)
@荷物をドカッと置く音。
@兄、再度廊下を歩く音(身軽になった分、歩調は普通)
@兄、フスマを開ける音。
■兄、居間に到着。妹、キッチンにいる。
「いま冷たい麦茶いれるね。」
@冷蔵庫を開ける音。
@液体をグラスに注ぐ音。
@冷蔵庫を閉める音。
@妹歩み寄る。
【正面:中】
「はい、どうぞ。」
@カランコロンと氷の揺れる涼し気な音。
【正面→左:中→遠く】
■移動しながら
「都会はこっちと違って暑かったでしょ。」
@居間の畳に座る衣擦れの音。
「リリ、お兄ちゃんがちゃんと一人暮らしできてるか心配だよぉ。」
「実家にいた時だって一回も料理しているとこ見たことなし。家事はお母さんとリリ任せでしょ?」
@居間の畳に座る衣擦れの音。
【左→正面:遠く→中】
「毎日毎日コンビニ弁当とカップラーメンばっかり食べてなあい?」
■自分の予想が当たって少し嬉しそうに。
「あ、その顔は図星でしょ?」
■嬉しさと恥ずかしさが混ざった感じで。
「あんまり不摂生してるとお兄ちゃんのアパートにリリも住んじゃうからね。」
「まぁリリとしてはその方が……」
■↑そこまで言って恥ずかしそうに言葉を飲む。
■↓照れたのを隠すように少しお茶目にごまかす。
「ううん、なんでもないなんでもないよ。」
■2秒ぐらい意を決する間
■↓少し寂しそうな感じで
「ねぇ……お兄ちゃん……リリ、お兄ちゃんに会えなくてずっと寂しかった。」
「リリに黙って都会の大学に行っちゃってほとんど帰って来ないしさ。」
「たまに帰ってきたと思ったらリリに会わないで帰っちゃうし……。」
■安心したように
「でも今年はちゃんと会えてよかった。もしかしてお兄ちゃんもリリに会えなくて寂しかったのかなぁ?」
「だったらうれしいな。ずっと避けられてると思ったから。」
@近づく衣擦れの音。
【正面:近く】
■艶っぽく、息多め
「ねぇ久しぶりだから昔みたいに甘えさせて? いいでしょ?」
■兄、肯定の意。間を開ける。
「やったっ! それじゃぁ早速………。」
@近づく衣擦れの音。
【正面下:中】
■小悪魔っぽく
「膝枕してもらっちゃおー。」
■兄、驚く。
「そんなに驚かなくても……。小学生の時はよくしてくれてたじゃん。」
「あ、それとも恥ずかしいのかな? お兄ちゃん♡」
「大丈夫だよぉ、お父さんもお母さんも親戚の寄り合いで夜まで帰って来ないから。」
「リリはお兄ちゃんの膝枕、すごく安心する。ここでお昼寝したいくらい。」
■妹、兄の太腿をすりすりする。
@スリスリとさする音。
「お兄ちゃんの太腿、なんか昔より逞しくなったね。男の人って感じがする。」
「でも昔と変わらないでリリの頭が丁度フィットして居心地サイコー。」
「触り心地も良い弾力とすべすべしてずっと触ってたい。」
■兄、くすぐったがる。
■妹、楽しそうに
「ふふふ、ごめんくすぐったかった?」
「でもお兄ちゃん、こういうくすぐったいのも好きでしょ? リリ覚えてるんだから。」
「ほーら、すりすりー、すりすりー。」
「こうやって足と足の間の内ももをすりすりーって、されてぞわぞわするの好きでしょ?」
「すりすりー、すりすりー。」
「ふふふ。くすぐったいの気持ちよね。」
「隠してるつもりかもしれないけど、リリの目の前におっきなテントが張っちゃって隠し切れてないぞぉ。」
「ほーら、すりすりー、すりすりー。」
「すりすりー、すりすりー。」
@スリスリ音止める。
■2秒ぐらい意を決する間。少しおっかなびっくりに
「ねぇ、お兄ちゃん……リリとエッチなことしちゃったから黙って都会の大学に行っちゃったの?」
■2秒ぐらい間を開ける。
「リリはね。お兄ちゃんが幸せならそれでよかったんだよ。最初から恋人同士になれないの、わかってたから……。」
■悲痛そうに。
「でもせめて、一言ぐらい言ってほしかった。」
「最初はリリがお兄ちゃんにとって必要な存在になれなかったのかってすごく悔しかった。」
「悔しくて悲しくていっぱい泣いた。」
「けど、時間が経つにつれてお兄ちゃんの選択が正しかったこともわかったよ。」
「やっぱりどうしても兄妹だし。」
「だからいろいろ難しいこと気にしないようにしたよ。考えてもしょうがないし、ね。」
■嬉しそうに
「今は、大好きなお兄ちゃんと一緒に入れてそれだけでリリは幸せだよ。」
■艶っぽく、
「でも、お兄ちゃんの身体は物足りなさそうだから」
【正面:密着】
「リリがお兄ちゃんのことも幸せにしてあげる。」
【R18パート】--------------------
【正面下:中】
@ベルトを外してチャックを下ろす効果音
「ふふふ、もうこんなに大きくなってる……。」
「内ももスリスリされて気持ちよかった? ホントはずっと期待してたのかなぁ?」
「大丈夫だよぉ、ちゃぁぁんともっと気持ちいいことしてあげるからね。ふふふ。」
「クンクン」
■妹、ちんこの匂いを嗅ぐ。官能的に
「ああぁ、久しぶりのお兄ちゃんの匂い……。」
「ツンとした汗が蒸れた匂いと我慢汁のエッチな刺激でリリまで濡れてきちゃう。」
「いまリリのお口で楽にしてあげるからね。」
■妹、チンコ舐め始める
「先っぽのにじみ出だ透明な我慢汁をぉぉ、ペロ……うふふ、エッチな味……。」
「ペロ、チュパ、ぺろぺろ……ふふ、ぴくぴくって動いたよ……気持ちいい証拠だね。」
「それじゃぁ先っぽの方を……チュゥゥ、レロレロ、チュッ、ぺろぺろぺろ、はぁ、ぺろぺろ。」
「レロレロレロ、ベーロ、ベーロ、チュゥゥ、レロレロ……」
「チュ、チュ、ペロペロ、ベーロ、レロレロレロォ」
「はぁ…はぁ…どう? 少しは上手になったかなぁ? お兄ちゃんのために男の人が気持ちよくなる方法いろいろ調べたんだよ。」
「もし我慢できなくなったら言ってね。いつでもリリが受け止めてあげるから。」
■調子に乗って早めのフェラ
「今度は咥えてぇぇ、あーーん、グジュ、ジュポ、レロレロレロ、チュゥゥゥ、パッ……」
「あ、お兄ちゃん咥えながら吸われるの好きでしょ。もっとやってあげる。」
「あむ、ジュボ、ジュボボボ、あーん、レロレロレロ、ジュルル、ジュボボボ」
「ジュ、ズズズ、レロ、ジュボボボボボボ、っパ……」
「おっと危ない危ない……。」
「お兄ちゃん今イキそうになったでしょ? おちんちんがビクビクってなったよ。」
「いつでも受け止めるとは言ったけど、ほらぁ、やっぱり我慢した方が気持ちいいでしょ。」
「だから今度はすこーしゆっくり目にするね。」
■遅めのフェラ
「あむ、チュルル、レロレロ、チュルル、レロレロ、」
「ジュポ、ベーロ、チュルルル、レロレロォ、」
「チュル、チュルルルル、はぁ、レロ、ちゅーー」
「ふふふ、我慢しているお兄ちゃんの顔、かわいい。」
「もうイかせて上げてもいいんだけどぉ、少しリリに黙って出て行ったお仕置きもしたいから口はお預けで、今度は…」
【正面:密着】
@唾液のついたチンコをゆっくりと扱く音
「手でしごいてあげる。」
「ほーら、ゆっくりー、ゆっくりー、まだイかせないよー。」
「おちんちんの先っぽの膨らんだところから根元までゆーーくり扱いてー」
「たまーに」
@亀頭をこねくり回す音
「先っぽを激しく……ふふふ、すごくガクガクしてる。」
@唾液のついたチンコをゆっくりと扱く音
「またゆーっくり先っぽから根元まで扱いて、」
@亀頭をこねくり回す音
「先っぽを激しくっ……」
@唾液のついたチンコをゆっくりと扱く音
「うふふ、お兄ちゃん、口から涎が出てる。そんなにイきたいならちゃんと言ってほしいな。」
「妹の口の中に精子を出したいって。リリの口の中を汚したいって。」
「ねぇ言って。はやくぅぅ。そうしないと」
@亀頭をこねくり回す音
「先っぽ擦っていかせちゃうよ。」
@唾液のついたチンコをゆっくりと扱く音
「ねぇ言って。」
■兄、言ったけど声が小さい
「もっとおっきい声で……」
■兄、言ったけど声が小さい
「だーめ、もっとちゃーんと、可愛いリリの小さなお口の中にお兄ちゃんのおチンチンをツッコんで射精したいって。」
■兄、しっかり言った。
■二秒間を置く
「うん、いいよ。お兄ちゃんの溜まった精子、リリが全部飲んであげる。」
【正面下:中】
「あーん、ジュボ、ジュボ、ジュルルルル、チュ。」
「ジュ、ジュ、ジュルルルル、ジュボ、はぁ、レロレロ、」
「ジュルル、ジュル、ちゅううう、ジュボ、ジュボ、」
■咥えながら喋る
「いいよ出して、リリに精子飲ませて」
「ジュルル、チュポ、ジュボ、ジュルルル。」
「ジュ、ジュ、ジュ、ジュボボボ」
「チュー、ジュ、レロ、ジュ、ジュジュボボボ」
@射精音
■兄、いった。
■妹、驚きながら口に精子をためる。
「んんっ! んんん、んーん……んっ。」
■妹、残った精子も吸い出す。
「ジュルルル、ジュボ、チューー、パッ、はぁはぁ」
【正面:近く】
■妹、口の中にたまった精子を見せながらはなす
「あーー、みて、すごい量……」
■妹精子飲む。
「んっん、んっん、んっん、ぷはぁ。ふふふ、いっぱい出たねお兄ちゃん。」
「私もおチンチン舐めてるだけですごく濡れちゃった、続きは夜にしよっか?」


END

表記するクレジット

【フリー素材】縁側にて
https://avtuber.doerolife.com/free_contents/scenario/riri-porch/

【提供】AVtuberどエロライフ
https://avtuber.doerolife.com/

youtubeで表記するクレジット

【フリー素材】縁側にて
https://avtuber.doerolife.com/free_contents/scenario/riri-porch/

【提供】AVtuberど工口ライフ
https://twitter.com/AVtuber_Live

※youtubeでは警告回避のためTwitterリンクとエロ(カタカナ)ではなく工(こう)口(くち)にしています。



企画

台本・シナリオ

効果音・SE

その他ご要望などありましたら、お問い合わせTwitterにご一報いただければ幸いです
今後とも当サイトの改善に努めよりよい配信情報提供サイトになれるよう精進いたします。

管理人:性欲つよし@seiyoku_tuyosi

配信通知Twitter:



活動内容

配信中

管理人:性欲つよし@seiyoku_tuyosi

全年齢から成人向けまでいろんなシナリオを書いている人。自分のシナリオ読んで欲しさにひょんなことからwebサイトを作成。まだまだ未熟者のため、精一杯精進させていただきます。
条件はありますが無料でシナリオ制作しているので興味がある方はご一報ください。詳細はこちらまで。

配信通知:

Fantia:ベッドの下に隠した〇〇。